看護師の求人は減らない

看護師の求人ってなくならないですよね。

看護師って、どんなときに聞いても、女の子の憧れの将来の夢の上位に来る職業だと思います。

私の子供のころも、看護師と保育士が上位を独占していました。

そして、最近の将来の夢でも、女の子の夢は変わらずに、看護師、そして保育士が上位に来ているときいています。

いつの時代もなりたい人が多い、そして憧れる人が多い看護師という職業ですが、なぜかどんな時代でもその求人が減ることはありません。

それは、なぜなのでしょうか?まず、看護師の求人が減らないこと、なくならないことの一番の理由はというと、人手がどれだけあっても足りない職業だからです。

これは、看護師にかぎらず、医療に関わる仕事全体にあげられることだと思います。

どれだけ人手があっても、たりません。間に合いません。

医師不足、看護師不足で悩む地域はいつになってもなくなりません。

参考:看護師の悩みはこちらで解決できるかも⇒看護roo

それは、病気がなくならないこと、事故がなくならないことに通じています。

病院を必要とする人がいる限り、病気の人がいる限り、医療に関わる人手がいっぱいであまっている状態になることはほとんどないのです。

だからこそ、看護師の求人は減ることもなくなることはないのです。